お互いに「許しあえる」という心が長期の人間関係に結びつく

Adsense広告

人間というのは、相手に対するレッテルを貼るのが得意であり、自分の気に入らないことを言われるだけで「この人は悪い人」と決めつけて付き合いを止めてしまいます。それは、とても傷つきやすい自分のガラスの心を守りたいと思っているからです。
お互いに「許しあえる」という心が長期の人間関係に結びつく

人間の言葉に含まれる毒

人間づきあいが煩わしいのは、人間の言葉に必ず毒が含まれているからです。例えば、「身だしなみをしっかりとしましょう」というだけで、自分に自信がない人は、自分の身だしなみを怖がるようになり、心に傷を負ってしまうかもしれません。下手をすれば、それだけで相手のことを嫌いになってしまうかもしれません。

相手にどう見られているかという事が気になって、自意識過剰の状態に陥り、そして相手の事を嫌うようになるのです。結果、自分に良いことを言ってくれる人としかお付き合いできないようになります。長期的な付き合いができない人は、ガラスの心の持ち主が多いのかもしれません。

自分のことを隠してしまう

他の人と違う考え方を持っている人ほど、孤独を感じることが多いかもしれません。他の人と違う考え方を相手に正直に教えると、相手にどう思われるか気になってしまうからです。相手に悪く思われないだろうか?という不安があって、自分のことを隠したり、場合によって嘘をついてしまう場合もあります。

不安を抱えた人たちは、自分を許してくれるような「優しい人間」と付き合うことしかしません。つまり、いつまでも自分を許してくれるような人物としか付き合っていかないのです。そのために相手から優しい声をかけ続けてくれる人を信頼します。

許しあえる関係になっていく

人間関係がそのコミュニティの中だけで留まるというのは、単なる利害関係の一致だったということになります。例えば、学校が同じだから一緒にいるだけとか、職場が一緒だから一緒にいるだけとか、シェアハウスで一緒に住んでいるから一緒にいるだけという関係です。本当に仲良くなれば、コミュニティを離れても連絡を取り合える仲になるはずなんです。

コミュニティが一緒であったのは、単なるきっかけに過ぎず、その後で長期的に連絡を取り合える仲間というのは、本当に貴重です。長期的に付き合いができる仲間というのは、意識して作らないとどう考えてもできるものではありません。たとえ、LINEやFacebookなどで繋がっていたとしても、長期的に連絡が取れない人は、全く連絡が取れなくなるわけです。

自分を傷つけるような相手のことを許せないと思う心が出てきても、ほとんどの場合には、時間が経てば許せるようになっていきます。そして相手のことを許せるようになった時、ようやくそこに「友情」というものが出来上がるようになるのでしょう。

恋愛に必要になる憎いという心

本気の恋愛では、相手のことを大好きになった後で、憎いという心が芽生えて嫌いになるという事があります。相手に自分が尽くしたのに、相手がそれに応じてくれなかった場合には、人生をかけたのに相手が離れていって憎いという心を感じるかもしれません。

恋愛において、自分を深く傷つけた人間を許すということは、本当に簡単なことではありません。その傷は、もしかしたら生涯にわたって消えないかもしれない。下手をすれば、婚約を破棄されて人生を狂わされることもあるかもしれません。それでも、相手を許せるようになった時、ようやく自分の傷もなくなるのかもしれないと思うわけです。それには、ある程度の時間が必要になる事が多いです。

お互いに許しあうという心

嫌なことがあると、すぐにLINEブロックして相手と関係を断ち切ってしまうこともあるでしょう。それを続けていると、誰とも信頼関係が持てなくなってしまって、孤立することになってしまいます。『相手のことは憎いけど、それでも自分は相手のことを許していこう』と思うことができれば、少しずつ信頼関係が作れていくかもしれません。

人生は短いので、そこで知り合う人間の数も限られています。そのような中で、信頼できる人間関係を作っていけなければ、人生を豊かにすることができません。自分が許して欲しいと思うのであれば、相手のことも許してあげるというのが筋でしょう。自分の中で怒り、そして憎しみを持った相手を積極的に許すことができれば、その人は最高の友達になることができます。

相手のことを大切にする心

人間として相手のことを尊重して付き合うことができれば、一生涯の友達になることができるでしょう。男女の友情が成立しないのは、どうしても男性が女性を性的な目見てしまうからですけど、純粋に『相手の幸せを願う』ようになれば、もしかすると人間的に性的なものを通り越した信頼関係も可能になるかもしれません。

人間関係の維持には、お金・時間も必要に鳴ります。相手のためにそれを自分が支払うことは、人間として相手を尊重していることにもなります。

絶対に許せないことを許す

恋人同士で絶対に許せないことは、相手の浮気があると思います。しかしながら、恋愛関係においては、浮気される側にも原因があった可能性もあります。浮気の前に話し合いがもてなかったのかということもあり、浮気した側を一方的に攻められない場合もあるでしょう。

人間というのは、自分のガラスの心が粉々に傷つくのを防ぐために、相手のことを憎むことで自分を正当化しようとします。相手が絶対に悪かったということにして、自分の精神状態を安定させようとするのです。しかし、実際に自分自身にも問題を抱えていることが多いので、自分の非も認めて相手と「許しあう」ことが人生を前向きにしていくこともあるでしょう。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告