人間関係


Adsense広告

近寄るべきではない人間関係とは?

男性を選択するミスは、女性にとって致命傷になりかねません。『惚れたら負け』というように、女性が男性に惚れ込むとすべてを肯定するようになってしまいますが、良くない男性に紛れると、女性が人生の大切な時間を失いかねません。

類は友を呼ぶの法則

人間関係というのは、『似たような友達が集まる傾向』にあります。人を見る目を付けるということは、『周囲にいる人を含めて人物像を確認する』という必要があります。

自分が日頃から連絡を取り合う人であったり、良く会う人がどんな友達であるかを良く確認しながら、良い人物とお付き合いを広げていく必要があるでしょう。付き合うべきでない人に時間を割くことは、人生における時間の無駄とも言えます。

お酒を毎日飲む人に近寄らない

お酒を毎日のように飲む人に近づくべきではありません。お酒を飲む人に近づいて、一緒にお酒を飲む飲み友達になっても、ビジネスで成功に結びつけることはできません。また、お酒の席でしか会話が成立しない友達というのは、お酒を飲まないで真面目に語り合うことができない可能性があります。

お互いに「許しあえる」という心が長期の人間関係に結びつく

人間の言葉に含まれる毒

人間づきあいが煩わしいのは、人間の言葉に必ず毒が含まれているからです。例えば、「身だしなみをしっかりとしましょう」というだけで、自分に自信がない人は、自分の身だしなみを怖がるようになり、心に傷を負ってしまうかもしれません。下手をすれば、それだけで相手のことを嫌いになってしまうかもしれません。

相手にどう見られているかという事が気になって、自意識過剰の状態に陥り、そして相手の事を嫌うようになるのです。結果、自分に良いことを言ってくれる人としかお付き合いできないようになります。長期的な付き合いができない人は、ガラスの心の持ち主が多いのかもしれません。

自分のことを隠してしまう

他の人と違う考え方を持っている人ほど、孤独を感じることが多いかもしれません。他の人と違う考え方を相手に正直に教えると、相手にどう思われるか気になってしまうからです。相手に悪く思われないだろうか?という不安があって、自分のことを隠したり、場合によって嘘をついてしまう場合もあります。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告