服装


Adsense広告

女性の目線から見た「ダサい男性」の特徴

男性が服装のセンスが良いだけで、モテる男性になることができます。センスの良い女性とお付き合いを狙うためには、男性もセンスの良い服装をする必要があるでしょう。

季節感がない服装をしている

季節感を最も良くあらわしているのが「靴」です。季節感があるセンスの良い男性と言うのは、夏に必ず爽やかな靴を選んで履いてきます。それを見て、女性は「この男性はセンスが良い」と判断します。ダサい男性というのは、夏なのに暑苦しい靴を履いたりしています。夏に最もオススメなのは、白のスニーカーなので、安くても良い(3000円ぐらいで買える)ので白スニーカーを購入するのがオススメです。

季節感を出すためには、季節に合わせて洋服を調達する必要があります。3月後半に春の服装を買ったり、8月末に秋の服装を買ったり、11月に冬の服装の準備をするなど、季節に合わせて買い物に行って、少しず服装を調達すると良いでしょう。

ゆるい服ばかり着ると女性として見られなくなる事実

女性として見られるのが面倒?

ゆるい服装を着る女性の心理は様々ですが、「女性として男性の目線にさらされるのがメンドクサイ」と考えてゆるい服装を着る女性も多いです。女性というのは、常に男性の非常に気持ち悪い視点を浴びて生きています。イケメン男子から視線を感じるならまだしも、キモいオッサンから視線があると吐き気がします。

女性は、スタイルの良い服装を身に付けることで、街でジロジロと視線を感じるだけで怖さを感じてしまいます。また、好意も全くない周囲の男性から言い寄られたりするのが面倒と感じる女性も多いです。 女性として見られるのが面倒という理由で、ゆったり、ダボダボの服装を着ている女性は多いです。しかし、日頃からゆったり、ダボダボに慣れてしまうと、好きな男性が出来た時でさえも、女性の体のラインを強調した服装が出来なくなってしまいます。

良い男性はスタイルを見てる

男性というのは、本能的に出会った女性のスタイルをチェックしてしまいます。男性というのは、女性に出会うと自然に胸のライン、お腹のライン、お尻のラインなどを無意識のうちに見てしまうのです。

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告