男性としてモテるためには、自分を下げる笑いをしないこと

Adsense広告

女性から異性として見られる為には、自分を下げる笑いをしない事が大切になります。面白い男がモテるというのは、『知的で面白い人がモテる』のであって、多くの人にいじられるギャグだけが面白い人という意味ではありません。女性の性的な対象として見られるためには、『女性に異性として意識させる必要がある』のです。
男性としてモテるためには、自分を下げる笑いをしないこと

面白い人の周囲には、何もしなくても人が集まります。人を集める力がある人というのは、面白い人ということになります。

初めて会った人にも緊張感を与えずに気さくに話せることができれば、友達がどんどん増えていき、楽しい生活を過ごす事ができるようになります。

自分のステータスを下げない

周囲の人気者になりたいからと言って、『自分をネタにしてステータスを下げる』という行為は、女性から異性として見られなくなってしまいます。女性から異性として見られるためには、自分のステータスを保つか、ステータスを上げていく必要があります。

自分のブランド化とステータス保持というのは、SNSの活用で発揮することができます。SNSの活用を上手にすることで、友達に対して自分のイメージを良くする事ができるようになります。

場を盛り上げる人物とは?

場を盛り上げる人物というのは、とにかく知り合いが多くて誰とでも仲良くできるような人物です。言い換えれば、『彼が誘うから私も行く』という人物で、人望に厚くてそれなりの人気がある必要性があります。単に『誘うのが得意』というだけではなくて、誘った人を確実に楽しませる技量が必要になります。

『行く場所』というのが一般的にも関わらず、『行く人』が重視される場合には、特にその場を盛り上げる吸引力がある人物が必要になります。行く場所の提案なしに『一緒にどこかに遊びに行こう』という場合には、一緒に行く人の吸引力が最も重要になってくることは間違いないでしょう。

仲の良いカップルになれば、デートプランを想定しないで『単に遊びに出掛ける』という事も可能になります。一般的には、面白いプランを提示できなければ人が集まりませんが、楽しい人がいれば、その吸引力だけで楽しめる場合もあります。

相手が興味ある話題で盛り上がる

会話を盛り上げるには、自分が興味がある話題を話すばかりではなくて、相手が興味ある話題で盛り上がる必要があります。相手の興味がある話題で会話するには、相手に合わせた形にカスタマイズして会話を展開する必要があります。人数が増えれば増えるほど、会話の難易度が上がります。

ある人は、海外旅行にもの凄い興味を持っているかもしれませんが、ある人は全く海外旅行に興味がないというグループであれば、海外旅行の話題で皆が盛り上がれないので避けた方が良いかもしれません。

会話するほど面白くなる

普通の人であれば、異性に対して会話すればするほど、ネタが尽きて会話がなくなってしまいます。面白い人というのは、話せば話すほど、もっと話したくなるという人のことです。相手の興味・好奇心を刺激することができれば、『この人ともっと話をしてみたい』と思うようになります。

相手がどんなことに興味を持っているかを見抜いて、それに話題を合わせながら、新しいトピックを組み合わせて話が出来る人が喜ばれます。相手に合わせて話題を変える柔軟性と、相手に合わせられるだけの情報力が必要になるでしょう。相手に合わせて、新しい情報を提示する能力というのは、日頃から多くの情報に接していないと難しいことです。

面白くない場を盛り上げる

面白くない場所を会話によって盛り上げるには、どうしても『盛り上げ役の存在』というものが必要になります。上手な盛り上げ役というのは、多くの人を会話に参加させながら、周囲を盛り上げていく人のことです。

サービス精神が旺盛である

新しい話題・情報を提供して話を盛り上げようとする人というのは、人に対するサービス精神に溢れています。自分の保有している情報を相手に提供して、相手を楽しませるようにすることは、サービス精神そのものです。

男性がデートに誘ったら女性を楽しませるトピックを提供して、会話において女性を楽しませなければいけません。

意味のある会話をする

頭が良く会話力がある人というのは、1つの会話の中に多くの意味を含ませて、相手を考えさせることができます。そうすることで、相手も気が付かないうちに意識をこちらの方に向けることができるのです。

飲み会で話される話題というのは、仕事に関する内容であったり、ほとんど意味のない会話になりがちで、自分にとって好奇心を刺激する面白さを見出すことが出来ない事が多いです。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告