結婚できない男は、こだわりが強い?理想が高すぎる?40代未婚男性が増加して、生涯未婚率が急上昇。

Adsense広告


サクラゼロの出会い系
PCMAX無料登録はこちら(18禁)
結婚できない女性が『幸せではない』と叩かれる事が多いですが、生涯未婚率で見ると『結婚できない男性』の方が女性よりも多くなっています。50歳になって独身という人は、男性の5人に1人にもなっており、結婚できない孤立する男性が社会問題にもなっています。
結婚できない男は、こだわりが強い?理想が高すぎる?40代未婚男性が増加して、生涯未婚率が急上昇。

理想・こだわりで結婚できない

今の時代には、理想・こだわりが強いだけで、結婚できなさそうです。何故なら、30年ぐらい前までは、20代前半で理想もこだわりも良く分からないうちに結婚していたからです。今では、30代になって社会を知って目が肥えてから結婚するのも当たり前になってきているので、理想がどんどんあがって、こだわりで結婚できなくなっているのです。

相手の嫌な所が目について、それが頭の中で更に増幅されて「もうこの人じゃなくていい」と別れる事になりますが、次の人でもまた同じように嫌な所が目に付くと、結局は『一生涯ずっと結婚できない』という事になってしまいます。真面目であればあるほど、自分のこだわりが強い傾向になり、30代をすぎても結婚できない罠にはまるのかもしれません。はあちゅうのように、相手の職業さえにも寛容になれれば、結婚することができるのでしょう。つまり、ここで必要なのは寛容性という事になります。

自分の市場価値の下落

男女ともに年齢が上昇していくと、自分の市場における価値が大幅に下落していきます。女性が30歳から市場価値が暴落し始めて、男性も遅れて35歳から市場価値が暴落します。女性の場合には、35歳ぐらいまでは美貌でカヴァーできる範囲になっており、男性の場合38歳ぐらいまでは見た目、45歳ぐらいまで経済力でカヴァーできる年齢になります。美貌、経済力などでカバーできなければ、市場価値は下がるままという事になります。

男女ともに自分の市場価値が暴落するにも関わらず、『目が肥えてくる』ことによって、相手に求める要求はどんどん高くなる傾向にあります。例えば、女性の場合に『前に付きあった彼氏よりも良い男性』と言い始めたりして、もう10年前の彼氏を超える男性を追い求めたりしているんです。もちろん、10年前の美貌に戻る事はできませんので、生涯独身に向けて突き進む事になりかねません。

彼女がいると非常に疲れる

1人で何かをしていると、寂しいと感じる事はあるかもしれませんが、自分の動きを自分でコントロールする事ができます。確かに会社などに時間の制約を受ける事はありますが、それでも会社を辞める権利を要するのは自分です。しかし、彼女がいたりすると、自分でコントロールできない部分に非常に疲れたりするでしょう。時間を合わせないといけないし、彼女が浮気するかもしれないという精神的な疲れも伴います。

1人で行動するのは気楽ではあるけれど、それだと休日などに寂しいので、都合が良いパートナーがいた方が人生が楽しいと皆が思っている訳です。しかしながら、実際に彼女なんて出来ると、もう疲れ果てて『もう、彼女なんていらない』と思ってしまったりと、矛盾だらけの人生になります。誰もが羨む美人の彼女であればあるほど、それを維持するには、多額の精神力・コストを必要とします。

仕事に前のめりになる

多くの男女が勘違いしている事は、『労働者として仕事を頑張って稼ぐ』といのは、労働をストップすれば収入がなくなる事を意味しているということです。他人に時間を切り売りして、それでお金を受け取るという事は、自分のプライベートの時間を減らす事でもあります。そして、プライベートの時間を減らすと、パートナーに合わせる事ができなくなってしまいます。

会社においては、学歴から階層を作って就職して、そこから『労働者として会社に貢献する』ことを求められるようになります。求めらている会社に貢献する事を果たせれば、僅かなお金は手に入りますけど、それに満足していたのでは、プライベートの充実を得る事はできません。

収入が低いと結婚できない

日本においては、フランスのように子育て支援が充実していませんので、金がないで子育てすることはできません。このため、年収300万円を下回る収入だと、結婚に不利になります。年収300万円ほどの「低収入」と呼ばれる男が結婚出来る人は(1)27歳以下と若い(2)32歳ぐらいまでのイケメンでモテる(3)36歳ぐらいまでの高身長・超イケメン振り向かれる(4)もともと深く付き合っている人がいる(5)お金の使い方が極めて上手で上品。など、他に条件が良くないと女性に相手にされません。

実際には、年収300万円ぐらいで普段は質素な暮らしをしていれば、女性のために金をつぎ込んだり、安くした海外旅行をするぐらいは、ギリギリできます。そうやって自分を低収入以上に魅力的に見せる事ができれば、表面収入を見せないで女性と付き合う事もできます(別に結婚前に年収を開示する事は義務ではない)。

男性40歳までは相手にされる

男性が38歳、39歳ぐらいまでであれば、結婚する対象として相手にされる事は可能でしょう。40歳以上になると、『女性の本能』が影響するのか、恋愛対象として見られなくなる可能性が極めて高くなります。見た目が若い40代男性というのも多いのですが、それでも相手にされるのは大変になります。

自分が相手にされているうちに、相手を決めるのが有利な取引をする条件になります。自分が誰にも相手にされなくなったら、それは選択肢が全くなくなる事を意味しています。『一生涯を一緒に過ごすのに変な人は選べない』という事は確かですけど、相手が変な人か素敵な人かを判断するには、最低でも半年ぐらい一緒にいないと分からないんです。だから、多くの婚活カップルは、それを無視して3ヵ月ぐらいで結婚に踏み切ります。相手の事を良く理解して、良く分かったら逆に結婚できないからです。

Adsense広告

Adsense広告