モテるだけなら簡単!自己評価が低い女性なら簡単に落ちる

Adsense広告

モテる男性になれば、人生が100倍楽しくなります。モテる男性を目指して、人生を100倍楽しくしてみましょう。
モテるだけなら簡単!自己評価が低い女性なら簡単に落ちる

モテるだけであれば、自己評価が低い女性をターゲットにして、連絡を取り続けるだけでゲットすることは可能です。しかし、それは自分の評価が高いカラではなくて、女性を落として自分をあげているだけです。単にテクニックでモテるだけであれば、長続きしない恋愛を繰り返すことになってしまいます。

簡単に女性と付き合える方法

女性と付き合うだけであれば、自分より格下で自己評価が低い女性に連絡を取り続けて優しくし続けることで、比較的簡単に付き合うことができます。注意しなければいけないのは、自己評価が低い女性と付き合うと、自分まで足を引っ張られて、思わぬ方向に向かっていく可能性が高いということです。精神的にヤバい女性と付き合うと、男性まで巻き込まれて精神的に病んでしまうことになります。

はったりの自信・余裕をかませば、自己評価が低い女性を簡単に彼女にする事が出来ます。もちろん、自己評価がかなり高い美人女性に対して、ハッタリの自信・余裕があまり通用しません。美人でも家庭環境などで自己評価が非常に低い(例えばそちら系の女優など)人もいますが、やめておいた方が良いでしょう。

モテる男に女が寄り付く

モテている男性というのは、女性が寄り付いてくる傾向があります。モテる男性というのは、女性から「男性的に優れている」と感じる場合が多いので、女性が寄り付こうとするのです。中身が空の男性であっても、モテる男性がいるのは、女性に囲まれているという事実が、さらにモテる男性を作り出すからです。

モテる男性というのは、女性に言い寄られる機会が多いので、女性からLINEなどの連絡が絶えることがありません。自分が興味ない女性からのアプローチは、特に問題なく切ってしまう余裕を見せる事ができます。

どの女性にも興味を持って接する

自分が少しでも「この女性が付き合えるレベルに達している」と思ったら、どの女性に対しても興味を持って接することが大切になります。女性というのは、興味を持って接して貰うと嬉しいと感じます。特に自分よりも格上だと感じている男性から優しく接して貰うと、女性は自分の価値を感じて喜びます。女性に優しく接して損することはありません。

先に格下女性に優しくする

最初に自分より格した女性に優しくして、興味がありそうな言動を仕掛けて、女性からアプローチされる状況を作りましょう。自分が格上と感じる男性からのアプローチであれば、女性は喜びます。アプローチしてくる格上男性のことが好きでなかったとしても、とりあえずデートに応じてくれる可能性も高まり、付き合える可能性も高くなります。

格上と感じる男性からのアプローチは、「ああメンドクサイ」と言いながらも心の中で喜んでいて、格下からのアプローチというのは「ストーカーでキモい」と思うのです。

中身が空でも関係なし

モテる男性というのは、中身が有ろうとなかろうと、全く関係がありません。実際、男性アイドルが非常にモテる訳ですけど、アイドルの中身なんて実際に会ってないので分かるはずもありません。男性アイドルは、勝手に女性の中で理想化されているので、中身がなくてもモテるのです。相手の中身を全く知らなくても、好きという感情を芽生えさせることができるということです。

最初から「ありのままの自分」を出す必要はありません。自分が何もなくても、自信がありそうにして、何かあるように見せていれば良いのです。それだけで女性からは、「この人は何かあるかもしれない」と思わせることができます。女性から「何かあるかもしれない」と思われれば、「気になる人」のレベルに昇格したことになります。

ダサい女性の特徴とは?

ダサい女性の特徴は、テレビを視聴する時間が長い、毎晩のようにお酒ばかり飲んでいる、異性にモテなそう、全く女性らしくないダサい服装、会話に知性を感じないなどです。ダサい女性に巻き込まれると、全てがダサい方向に向かってしまいます。過去に囚われて、過去の話ばかりする女性もダサい女性と言えるでしょう。

潜在的に存在するカースト制度

社会的に差別はいけないと言われますが、恋愛において潜在的に必ず差別と格差が存在しています。レベルが低い人間といのは、とにかくモテなさそうです。モテるから人間性が高いという訳ではありませんが、人間性が低ければモテないのは当然と言えるでしょう。ダサい人達は、ダサい人達どうしで固まる傾向があります。ダサい人に囲まれて一緒に居ると、自分の考え、価値観までおかしくさせられてしまいます。ダサい友達がSNSに居た場合、ミュートをしておいた方が良いでしょう。

美人の自己評価が高い

美人で若いというだけで、世の中でかなりチヤホヤされる存在になります。付き合おうと思えば、誰でも付き合えるような、いわゆる「最強の状態」となっているわけです。ただし、それも30歳ぐらいまでで、どんな美人であっても、30歳をすぎると、それなりの頭脳プレーを要求されるようになってきます。30歳をすぎても、学生ノリだと「痛い女」となるだけです。

自分でモテたいと思っている女性は、モテない男性をあまり相手にしたがりません。モテない男性を相手にしても、自分の価値を下げるだけで、将来的に損失になると分かっているからです。モテる女性であればあるほど、自分がモテる男性を相手にしたいと思っています。モテない男性には、男性・女性ともに、モテない自信がない人しか集まりません。

男性の中で際立つ存在

モテる男性というのは、男性の中でも際立つ存在と言えるでしょう。際立つ存在になるためには、人生を楽しんでいる必要があります。また、人間の幅を広げて、様々な人と交流できるコミュニケーション能力があれば、別の男性など全く眼中にないほどの際立った存在になれることでしょう。

勝ち組であり続けるのは困難

男性が単なる表面だけのナンパ男にようになって、それで勝ち組であり続けることは、非常に困難なことです。結局、30歳をすぎると男性のイケメン度も大きく落ちてきて、女性と同様に中身勝負になっていきます。その中身勝負の時になって、中身空っぽの男性をわざわざ相手してくれる女性は、かなり自己評価が低い女性しかいません。

かつて「歌舞伎町で伝説のホスト」と言われて、女性からアイドル顔負けの人気を誇っていた人であっても、30代後半にもなれば「オッサン化」してきます。結局、大人の会話の幅であったり、知識など、年齢に釣り合う男性を目指さないと厳しくなっていくのです。30代後半ぐらいの男性には、社会的地位、それなりの収入などを求められていくようになります。30大以降にホストのノリだと『面白い男性』にカテゴリされますが、恋愛対象外となります。

勝ち組であり続けるためには、自分に対する投資を継続的に行っていく必要があります。自分の強みをさらに強くしていく方向に変えていけなければいけません。自己投資を続けることで、「大人の人間」として成長していくことができるようになります。勝ち組であり続けるためには、多くの人が行わない最先端を生き続ける必要があるのです。

自分の価値は変わらない

簡単に落ちる女性を落としたとしても、自分の価値自体は変わっていないので、いずれ『自分の価値が全くない』という問題に直面します。男性が30歳をすぎて自分の価値がないと分かるのは、悲惨そのものでしかありません。男女の性別に関係なく、年齢に従って自分の価値をどんどん上昇させていくことが求められていきます。

地元でヤンキーと呼ばれる人たちは、地元に居続けることで社会がほとんど広がっていきません。20代のうちはそれでもいいのですが、30代、40代になるに従って、成長しないことが大きな問題に直面していくようになっていきます。世界が狭い人の特徴は、「何でも自分が知ってる世界で決めつける」ということです。

良い女性を惹きつける男性

学歴が高くて、容姿も優れて、強い男性からアプローチを受け女性は、それなりの社会的地位を実現した男性を選ぶ傾向があります。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告