好きな男性に対して、好意を隠そうとする女性心理とは?

Adsense広告

女性の心理は、男性以上に複雑であり、時に好意を隠すことがあります。

女性が恋心を隠さないといけない事情

女性が恋心を隠さなければいけない事情がある場合は、さまざまです。例えば、常にグループで行動している時、グループの中に好きな男性がいても、それを言い出すのは容易なことではありません。また、男性が脈アリ態度を出していない状況で、自分から好きだと言うのが恥ずかしいと思うこともあるでしょう。さらに言えば、女性に彼氏が居て好きと言えない場合であったり、女性が既婚者である場合などもあります。

いずれにしても、女性が男性に対する好意がバレてしまうとヤバい事情があるので、その「男性に対する好意を隠す」という行動に出ようとするのです。自分が誰に恋をしているかということは、自分が口に出さない限りは、周囲に完全にバレることはありません。

好きな気持ちは隠せない

好きな人というのは、どうしても体がそちらの方に向いてしまう傾向があります。どうしても隠そうと、隠そうと努力してみたけど、周囲から見ると、何だかおかしい状況になります。何故だか笑顔が増えてしまったり、一緒にいるだけで嬉しそうにしてしまったりするのが特徴です。

好きバレが恋愛で不利になる

相手に好きだという好意がバレる「好きバレ」状態になると、恋愛がうまくいかなくなることが多いです。相手が脈アリサインを出していて、自分の方も脈アリサインを出して付き合えたら良いのですが、多くの恋愛はそんなにうまくいきません。先に「好きバレ状態」になると、相手から冷められてしまうことになります。

恋愛を成功させるためには、好きバレを起こさない程度に好意を小出しにすることが大事なのです。好意を小出しにすることで、相手は「私のことが、もしかしたら好き?」と考えてしまうようになって、考えているうちに好きになってしまう効果があります。

恋をすると女性が美しくなる

恋をすることによって、女性というのはどんどん美しくなっていきます。女性が誰かに恋をするようになると、女性の心がクワク、ドキドキするようになって、女性が美しく輝くようになります。女性にとって恋のパワーは絶大です。

彼のことばかり考えて苦しい

夫と生活しているにも関わらず、頭の中が彼のことでいっぱいになってしまう状態は、結婚生活において危機的な状況と言えるでしょう。

既婚者の苦しい恋心

女性が既婚者でありながらも、夫以外の男性に恋心を持ってしまうというのは、良くあることです。結婚をすると、男女ともにどうしても束縛が発生してきます。夫の許可なしに、妻が他の友達と外泊するなどというのは、社会的に見ても許されるものではありません。夫婦ともに友人と外泊する場合には、お互いに許可を必要とします。「本当は遊びに行きたいけど、簡単に遊びに行けない」という状況は、苦しい心を生み出します。

多くの不倫というのは、結婚する前から女性が男性のことが好きで、結婚で生活しているうちに夫のことに飽きて、好きだった男性と会ったら恋心が再燃してしまうというものです。もともと、魅力的な男性だと思っていた男性で、さらに今でも独身であったというならば、一緒に遊びに行きたくなってしまう女心も理解できます。

結婚している女性の大半は、夫と別に好きな男性がいるからと言って、好きな男性のもとに駆け込むようなことをしません。その代わりに「友人関係」を装って、心の中だけで愛を育むのです。周囲から見ると、何となくおかしい?!と思われるかもしれませんが、「以前から仲良しだった」という言い訳は、周囲を納得させるのに十分です。

モテる男性に女性が集まる

モテる男性と言うのは、やはり素敵な男性というのが多いのです。そして、素敵な男性の周囲には、何故だか常に女性が集まってくるような社会になっています。いかに結婚した女性だからと言って、魅力的な男性を見ると、どうしても好きになるということは、自然にあり得ることなのです。

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告