複数の男性と連絡を取り合っている女性心理とは?キープから結婚相手を絞り込み

Adsense広告


サクラゼロの出会い系
PCMAX無料登録はこちら(18禁)
女性が20代後半~30代で結婚適齢期にフリーでいると、ほとんど必ず男性と連絡を取り合うようにしないといけないという焦りを感じているはずです。好き、嫌いの前に、とにかく男性の友達もいない状況だと、結婚相手が見つからない事が問題になってしまいます。周囲も『結婚相手をそろそろ見つけたら』とプレッシャーをかけてきます。
複数の男性と連絡を取り合っている女性心理とは?

男性を比較している女性心理

男性が女性を比較しているのと同様で、女性の側も周囲に何人かの男性を候補にあげた上で、男性の良い点・悪い点をいろいろと比較しています。特に自分を大切にしてくれるかどうかであったり、将来の事を考えて「将来はどんな感じの家庭になるか」という事まで想像してお付き合いをしようと考える事でしょう。

女性の場合には、付きあい始めると1人の男性に集中するので、付きあい始める前に良く見定めて付きあいたいと思っているのです。

付きあったら自分を大事にしてくれるか

付きあった後に自分を大切にしてくれるかどうかは、彼氏・結婚相手を決定する上で特に重要な要素になります。最初から『お金を使ってくれないケチの認定』を受ける事は大きな問題で、他のライバル男性に女性を奪われてしまう可能性があります。使う所では、お金をきちんと使わないといけません。

女性を大事にするのは、お金だけではありません。女性に対する連絡回数というのは、お金以上に効果があるアプローチになります。また、『付きあったら面白そうだ』と思わせたり、『他の男性よりも特にメリットがありそうだ』という要素があれば、他の男性の追随を許す事はありません。例えば、英語が話せる外国人というだけで大きなメリットがあります。

女性に量で勝負する

女性にモテる男性というのは、女性に対して敏感であり、日頃の言動・動作を細かくチェックしています。例えば、どのような飲み物が好きか?というのを日頃の行動から把握しておいて、出掛けた時に「あ、・・・が好きだったね」というように買ってあげると喜ばれます。誕生日の日を覚えているだけで喜ばれるでしょう。

女性の事を良く覚えていると、女性に対して細かい気配りができるようになります。その細かい気配りは、お金をかけたプレゼントよりも、女性を感動させる力を持っています。

Adsense広告

Adsense広告