女性から相手にされない「会話できない男性」の特徴

Adsense広告

自分から会話をしない男性というのは、女性から本当につまらない男性と思われてしまいます。女性が会話を切り出さないと沈黙になってしまうので、女性は一緒にいるだけで疲れ果ててしまうのです。自分の人生が楽しくないことを、他の人に楽しませて貰おうと思わないことが大切です。自分の人生は、自分で楽しもうとする工夫をするのです。
女性から相手にされない「会話できない男性」の特徴

きちんと自分で楽しい話題を提供できない男性というのは、女性を楽しませるどころか、男性からも距離を置かれてしまいます。自分から離し始めない人は、一緒にいても沈黙になって全く楽しくないからです。結局のところは、相手に楽しませて欲しいと思ってばかりで、相手を楽しませようというサービス精神が欠如していると言えるでしょう。

面白い会話するサービス精神

大人になって面白い会話をしてくれる人というのは、自分が楽しくてペラペラとしゃべっているだけではありません。相手が興味を持ってくれそうな話題であったり、その場を盛り上げることができる話題を探して会話してくれているのです。

楽しい話題であったり、その場を盛り上げる行為というのは、金銭以上の価値を持っているのです。相手が喜ぶであろう面白い話というのは、お金を支払ってでも聞きたいと言う人がいるものです。自分の周囲を楽しませることも大事ですが、社会の全体を楽しませようとすることになれば、それが仕事になったりします。

自分がほとんど会話をしないにも関わらず、周囲の友達に対して楽しませて欲しいと思っているということは、友達の資源を搾取しているのと同じになってしまいます。自分が周囲の友達に楽しませて欲しいと思っている人は、友達からどんどん疎遠になっていきます。

話がつまらない男性はモテない

女性と一緒に会話が楽しめる男性というのは、女性から人気がある男性になります。その一方で、話がつまらない男性というのは、全く人気がなくてモテません。一緒にいる女性に気を遣わせてばかりで、女性を疲れさせてしまいます。男性が会話を苦手としている場合には、女性が話題を考えて話をしなければいけないので、女性を必要以上に疲れさせてしまうのです。

楽しい話題を全く提供してくれない人と長い時間一緒にいると、本当に疲れ果ててしまいます。女性の多くは、気づかれしない人と一緒にいたいと思う傾向が強いので、良く会話が展開できる男性というのは、それだけで女性から人気になることができるのです。

グループ旅行などで大事な時間を一緒に過ごしている上で、ホストクラブのホストのように、キャバクラのキャバ嬢のように相手を楽しませるような話題を展開して、お金まで遣わされるというのは、役に立たない友達と一緒にいて苦痛でしかないのです。

新しい情報を提供できる力

人の多くは、新しい話題を求めるようになっています。新しい話題を提供できない人は、「つまらない人」と思われて、人から情報を吸い取る人だと思われてしまうようになります。新しいトピックで自分から会話を始める人は、サービスを提供してくれる人として喜ばれる傾向があります。さらに、自分から相手が興味を持っている楽しい話題を提供できる人が喜ばれます。

特になるような情報を何ももたらさない人というのは、友達から常に奪い取る人ということになり、友達がどんどん離れて行ってしまいます。自分から会話を離さない人は、グループ行動の時になると、誰かがその場を盛り上げる会話をしないと沈黙が続くようなことになります。

自分の生活・人生を楽しむこと

自分なりに1人でも自分の生活を楽しもうとすることが大事になります。もし、自分が生活を楽しめなくなってしまうと、自分を楽しませてくれるのがメディアなどのテレビであったり、ゲーム依存になるなどして、ますます自分の生活が楽しくないものになってしまいます。女性の場合、趣味がない人などが恋愛を趣味にして、恋愛依存症に陥ることがあります。

女性が恋愛依存症になってしまうのも、自分の生活を自分自身で充実させることができないので、男性を通じてドキドキする感覚を楽しみたいと思っているからです。恋愛初期であれば、男性に対してドキドキしている感覚というものが楽しいと感じてしまいますが、男性に恋をしていたのではなくて、恋に恋をして楽しんでいた状態になります。こうした状況で恋愛の熱が冷めると、男性と一緒にいることが楽しくなくなってしまいます。

恋愛依存症の女性などは、恋愛でドキドキした感覚それ自体が刺激だと思っていたり、単に寂しいから自分を認めてくれる男性が傍にいて欲しいと思っているだけだったりします。

人が話していることを批判する

最もやってはいけないことは、人が会話していることを批判することです。会話している人は、相手を楽しませようとして話しているわけであり、それを批判すると会話する気力を失ってしまいます。相手に会話する気力を失わせることは、交流を拒絶しているのと同じです。

誰かと会話する時には、常にポジティブであるべきで、ネガティブ発言をするべきではありません。友人がリスクをとろうとしている時などには、「いいと思うけど十分に気をつけて」というのが良いでしょう。ただし、例えば全く海外に行ったこともない友人が海外の危険な場所に行こうとしている場合などに関しては、自分の意見として「今は行かない方が良いかもしれない」と友人としての考えを伝えるのも良いでしょう。

誘うだけで自分が楽しませようとしない

自分が話題を出さないつまらない人間なのに、しつこく遊びに誘ってくる人もいます。誘いに応じていくと、相手を楽しませないといけないというプレッシャーで疲れ果ててしまいます。つまらない人には、誰も寄り付きたいと思いませんので、寂しくなって相手してくれる人を探すということになります。自分から誘っておいて、相手に楽しませてという態度で挑むので、距離を取られてしまいます。

自分から誘った場合には、相手を参加させるという意味で楽しませる努力をしなければいけません。自分から誘ったにも関わらず、相手を楽しませる会話などができなければ、誰も次回から積極的に誘いに応じたいと思わなくなってしまいます。誰もが楽しめる人で「価値が高い人」と一緒にいたいと思うものです。価値が低い人と一緒にいると、自分の価値を下げることになってしまうからです。

自分の話がつまらない話ばかりで人の話を聞いてばかりいるにも関わらず、会話が盛り上がらないのを人のせいにする人というのは、誰からも距離を置かれてしまいます。楽しい話題を提供するのは、自分が話題を作っていかなければいけないのです。自分が楽しい話題を作らないで、他の人に楽しませて欲しいという態度は、他の人から嫌われてしまいます。

求められる文化・教養レベルの高さ

面白い話をする時には、文化・教養レベルの高さが求められてきます。頭が良くて機転が利かないと面白い会話を展開することなどできないのです。

相手が興味を持っている話題について話すためには、日頃から様々なことに好奇心が旺盛でないといけません。好奇心が旺盛であれば、自分の話を展開できるばかりではなくて、相手の話も良く聞くことができます。そうすると、自分は会話を作れるだけでなく、相手の話も良く聞けると言う極めて楽しい人物になることができます。

自分の話をする必要は無い

自分のプライベートを会話で話す必要は無くて、会話の相手を楽しませる会話というのは、自分のプライベートの話である必要はありません。相手が楽しめるようであれば、会話の切り口は何でもいいのです。もし、特に自分で面白い話ができないということであれば、自分のプライベートを会話に入れて話をするのが良いのです。

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告