寂しい時に付き合う恋人は失敗しやすい

無料で公開できない部分を有料記事をNOTEだけの特別販売しています、是非ご活用ください。
 

Adsense広告

自分が寂しいからといって付き合った恋人は、「快楽のための恋人」となりやすいので、一時的に盛り上がっても、後から冷めてしまうことが多いです。恋愛は、時間をかけて相性を確認したり、信頼関係を構築することも重要になります。
寂しい時に付き合う恋人は失敗しやすい

彼氏でなくても別にいい

寂しい時というのは、近くにいる寂しさを紛らわせてくれる男性であれば「誰でも良い」という状態になりがちであり、その状態で付き合った恋愛は、長続きすることはありません。お互いが「この人でなければいけない理由」がないからです。簡単に言ってしまえば、寂しさを紛らわせてくれるなら誰でもいいのです。

寂しい時に一緒にいるだけであれば、別に彼氏である必要はありません。一緒にいるだけであったり、一緒に旅行したり、体を重ね合わせたりするのは、「恋人関係にならないとできないこと」ではないわけです。むしろ、恋人関係になることで、お互いに制約が生まれるデメリットが大きい場合もあります。

自分を好きになる男性なら誰でもいい

女性が自分自身を見失いかけている時、もしくは寂しさが大きい時には、「自分を好きになってくれるなら誰でもいい」という心理に陥ります。男性側が本気で女性を好きになるのですが、女性側は「寂しいから付き合ってみただけ」ということになり、男女間に温度差が生まれていることが多いです。

特に女性が恋愛で失敗して、自分に自信を失いかけた直後に「寂しいから付き合ってみた」という男性とは、将来的にうまくいく可能性が極めて低いということになります。下手に関係を進展させて結婚などになると、「本当は彼を好きじゃなかった」と後悔することになります。

男性自身が持つ価値の問題

女性が失恋などで寂しさを感じる時に、傍に寄り添ってくれて優しくしてくれる男性と付きあったりします。その男性が提供する価値は、「女性に寄り添うことで女性を寂しさから解放する」ということであり、実はその男性以外でも提供することができる価値だったりします。多くの男性は、女性に対しては優しいからです。

優しいだけの男性は、女性を満足させることができません。女性は、優しさ以外に「自分を支える能力の高さ」を求めていて、単に優しいだけの男性に魅力を感じなくなっていくからです。女性に合わせる優しいだけの男性に女性は魅力を感じなくなります。

いい男を見つけると女性の子宮が反応する

女性が失恋などで寂しい時には、自分に凄く優しくしてくれる男性になびいてしまったりすることがあります。しかし、その後で能力が高い「いい男」を見つけると、女性の子宮が反応してしまって、優しいだけの男性と別れて、いい男と付き合いたいという欲求が出てきてしまいます。

女性の多くは、いい男に出会うと自分が寂しいと感じている時に付き合った男性を捨て去り、本当にいい男と付き合おうとします。だから女性が「自分が寂しい」と感じている時に出会う男性と結婚するのは慎重になった方がいいかもしれません。

女性が求める男性の行動力

女性は、男性に求める能力の高さをどのような基準で測定するのでしょうか?女性の多くは、男性の生活における「運動量の多さ」に注目しています。日頃から運動量が多かったり、行動範囲が広い人ほど、多くの情報を持っていたり、様々な知識を保有している可能性が高まります。女性は本能的に「動ける男性」を選ぶ傾向があるのです。

女性は優しい男性を求めていますが、単純に女性に寄り添うだけの男性であれば、行動範囲が狭くて「食べ物を取って来れない男性」になってしまいます。行動範囲が狭くなった男性に対しては、女性は魅力を感じないのです。

行動力がある男性は少数派

女性が男性に求める行動力・決断力ですが、実際に行動力・決断力を持っている男性といのは少数派です。仕事におても、出来る男性というのはどんどん動いています。行動力がある男性が社会の先頭に立っていき、情報を集めて周囲に提供していくからです。

日本でも新卒の時から1つの会社に勤務して40年も勤め上げるような「終身雇用」は崩壊しており、転職しながら様々な経験を積む人が強みを持つようになってきています。環境変化せず、同じ場所に居続ける男性は、競争力を失うので女性からも魅力的に見られなくなってしまうのです。

男性が完成されるのは30代から

20代で大人になった女性が求める男性像を20代男性に求めるのは難しい現実があります。ほとんどの男性は、30代~40代にならないと、大人として成熟を見せません。つまり、20代男性から良い男を選ぶのは、将来に対するギャンブルのようなものになります。

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告