イケメン・金持ちでなくてもモテる男性になる方法

Adsense広告

イケメン・金持ちでなくてもモテる男性になる方法

世の中は、お金持ち・イケメンでない人が圧倒的に多いにも関わらず、多くの男性が自分の最愛の女性を見つけて結婚しています。恋愛において、お金持ち・イケメンであることは、有利になることは確かですが、それは必修ではありません。

当然のことをハイレベルで実現する

女性にモテるためには、良く言われるように清潔感のある服装をして、女性と楽しく会話して、心に自信と余裕を持つことが大切になります。普通に言われるようなことをハイレベルで行える男性が『モテる男性』と言えるでしょう。

日頃から運動するように心がけて、体型を維持するように努めましょう。30代以降になると、体型の差がルックスに大きく影響してモテ度に影響することになってきます。痩せ型で筋肉質の体型を維持するために日頃から運動を怠らないようにしましょう。

女性に心を開かせる能力が大事

女性からモテる男性になるためには、多くの女性に心を開いて貰えるような男性になる事が大切です。無言・無表情の男性というのは、何を考えているか分からないと思われて怖がられてしまいます。女性の前で口数が多い男性ほど、女性と打ち解けるのも早くなって、女性の警戒心を解くことができます。

確かに男性がハイスペックであれば、周囲から尊敬を集めるので女性にも人気になれる可能性はあるでしょうけど、そのハイスペックの人に対して1人1人の女性が女性が心を開く訳ではありません。女性の心を開かせるには、ハイスペックであることより、雑談を好む方が大切になります。

ハイスペックであることは、高所得を得られるという点で女性の生活を守ることになるかもしれませんが、そのことが女性の人生を楽しく輝かせることに直結するとは言えません。女性は、自分が輝くための条件として、男性の共感を必要としているのです。

人間関係を大切にしていくこと

男性・女性を含めて常に人間関係を大切にしていく人は、女性の共感能力が高くなって、女性に安心感をもたらします。過去の人間関係を大事にしながら、新しい人間関係を広げていける人間は、どんどん新しいことを吸収することができます。

人間関係を大切にするというのは、決して毎日のようにダラダラと酒を飲み交わして雑談に付き合うことではないのです。酒を飲み交わして雑談するだけの友達なんて、しばらく後になったら連絡も取れなくなって何を話したかも忘れていることがほとんどで、将来的に自分の人生に何の影響も与えない人ばかりです。

最初から誰と長期的に付き合うかを決めて、その人とだけ仲良くなれば十分という考え方も必要になるでしょう。自分がハイスペックを目指してモテたいと思うのであれば、友人として付き合いたいと思う人は、一緒に向上できる向上心がある人の方が良いでしょう。

自分で向上心を持って自分の時間を大切にしながら、他の人と関わる人間関係も大切にするというのは、容易なことではありません。そこで優先順位を付けて時間の管理が上手にできる人こそが「一流のモテる男性」と言うことができるのでしょう。

女性に固執しないからモテる

特定の女性に固執することは、モテを遠ざけることになってしまいます。女性から「良い男性」に見られるためには、自分の人生を活き活きと生きている必要性がありますが、1人の女性に固執してしまった場合には、その女性の人生に固執してしまっている「格好が悪い男性」に見えてしまうのです。

1人の女性を追いかけて固執して頭から離れなくなると、女性に好かれるために女性の顔色を伺って、媚びるようになってしまいます。女性に媚びて顔色を伺っているような男性=モテない男性の典型と言えるでしょう。人間、自分がやるべき事が見当たらなくなると、酒を飲んで女性に目が行くようになるのです。

女性を追えば逃げると言われるのは、『追いかけてくる時間がある暇な男なんて良い男のわけがない』と女性に見抜かれているからでしょう。自分自身の生活がつまらないので、女性に逃げ込んでしまっていると判断されてしまうのです。

女性に対してマメであること

自分が関わった女性に対してマメであることは、未来への投資と同意義になります。女性と会話の機会が増えるほど、多くの女性に人気が出て女性のことを良く理解できるようになっていきます。そして「女性から見たいい男」となり、さらに多くの女性のこころを男性に向けることができるようになるのです。

自分のステータスを向上させながら、女性にマメに連絡をするようにしていれば、周囲に集まる女性の水準もどんどん高まっていくことになるでしょう。女性は、しつこすぎないマメな連絡でコミュニケーションしてくれる男性を歓迎します。自然に沢山の女性と連絡を取り続けられるようにしましょう。

男性としての魅力を高める

男性としての魅力を高めるためには、お金を稼いで、健康的であり、勉強して、そしてプライベートを充実させていく必要もあります。多くの男性は、単に会社でお金を稼ぐだけに疲れ果てて、勉強をやめて、健康的でもなくなり、プライベートの時間にテレビを見たりゲームをしてダラダラと過ごすことになってしまいます。

男としての魅力を高めるということは、自分の得意分野を最大限に伸ばして金を稼ぐということでもあります。中途半端な競争力ではなくて、業界のトップを目指すぐらいの勢いがないと多くの人から見て魅力的に見えるレベルに到達しません。

世の中の女性を愛する

世の中の女性に対して愛を注ぐことは、モテるための条件であると言えるでしょう。自分の限られた時間ながら、周囲にいる女性に本物の愛情を注ぎ続けることは、モテる男性の条件になります。

古代より人間の男性というのは、群れを作ることで女性たちを守ってきました。その歴史というのは、現代においても十分に通用するものでしょう。自分の周囲にいる女性たちを愛して守ることは、女性たちからモテるための必修の条件であると言えます。

金がなくても奢るのが基本

女性と言うのは、男性とデートする時に化粧をしてきたり、洋服を揃えたりするお金がかかります。さらに、当日のデート場所まで来る交通費もかかってしまいます。男性の側にお金がなかったからと言って、女性に支払いを行わせるのは、女性からケチ男だと思われる可能性があるでしょう。

紳士で大人の男性であれば、『愛があれば何もいらない』という女性の嘘を信用しないことです。貧乏で許されるのは学生時代だけであり、社会人になってから女性のためにお金を出さない男性というのは、女性から好かれることはありません。女性にお金を使えることは男性の幸せであると感じて、女性に対して気分良くよくどんどん女性に奢れるのが大人の男性です。

経済成長しない時代の男性

日本の経済成長が終わり、会社で一生懸命に働くだけで収入が伸ばせる時代ではなくなりました。能力主義とされていて、能力が発揮できないと大手企業が45歳でリストラを行うなど終身雇用が保証されなくなってきています。

今までのように平日に単純作業をして、週末に家族と遊ぶような生活スタイルを突き通す事は難しい時代になってきています。

大切な人に愛情を伝える

最後に、大切な人に対して「愛情を伝える」ことの大切さです。大切な人が出来たのであれば、自分が大切な人に愛情を注ぎ続けることを口でも伝える必要があるでしょう。恥ずかしがってメールで伝えるのではなくて、実際に会っている時に「私は、あなたを愛しています」と伝えましょう。

Adsense広告

Adsense広告