インスタのストーリーズを恋愛の駆け引きに使う方法

Adsense広告

LINEに代わってコミュニケーションの中心となってきているインスタグラムですが、その中でも特に人気になっているのがストーリーズです。2019年頃からは、恋愛の駆け引きは、LINEからインスタのストーリーズに移行してきました。
インスタのストーリーズを恋愛の駆け引きに使える?

インスタで自分を表現

スマホのカメラ性能が向上して解像度が上がったことで、写真で誰もが簡単に自己表現を行えるようになりました。その自己表現で交流する場所としてインスタグラムが活用されています。

インスタで全く投稿がなければ、その人がどんな人か知ることができませんので、アピールにもなりません。インスタでは、少なくとも10~20枚ぐらい自分の趣味などの画像をアップロードしておくのが良いでしょう。写真が苦手な人は、素直に上手な友達に聞いてみるのも良いことです。

自分のキャラクターづくり

インスタ上では、プロフィールに掲載する写真で、自分のキャラクターを表現する人が多いです。例えば、自分の猫をアップロードすることで、猫好きの人と繋がれるようになるかもしれません。旅の写真が多ければ、旅が好きな人と繋がれるようになるかもしれません。

初対面の人などでインスタグラムを交換したりすると、過去の投稿も含めてみる傾向があるので、自分のキャラクターを紹介するきっかけづくりになります。

気軽に投稿できるストーリーズ

インスタの写真投稿が苦手な人でも、24時間で投稿が消失する『ストーリーズ機能』は、気軽に投稿することができます。写真が得意でないという人は、ストーリーズの投稿から開始してみるのが良いとされています。

ストーリーズは、自分の近況を写真で伝える時に有効活用できるだけでなく、会話が広がるきっかけにもなります。

気になる人に見て欲しい

Instagramのストーリーズは、誰が見ているかが分かるようになっているので、『気になる人に見てもらえたかどうか』というのが気になって、ストーリーズの画面を何度も眺めて視聴履歴をチェックしてしまいます。頻繁に見てくれる人がいると、それだけでコミュニケーションをとった気持ちが芽生える不思議です。

ストーリーズを投稿する人の中には、自分が見て欲しい「ターゲット」に向けて情報を発信していることも多いです。ストーリーズを頻繁にチェックして、ターゲットが見てくれたら『すぐに消す』という女性もいます。

誰といるのか想像させる

ストーリーズの投稿は、写真を見てもらいながら「誰といるんだろう?」と想像させたりする面白さがあります。遊びに行った写真であったら、誰と一緒に行ってるんだろう?と想像してしまいますね。

気になる人に向けて「あなたがいなくても楽しんでますよ」というアピールにもなります。

足跡が付くので見ない

ストーリーズは、『足跡機能』によって、誰が見たかが分かるようになっています。誰が常に自分のストーリーズ投稿をチェックしているかが分かるようになっているのです。

ストーリーズは、動画などを含めて発信できるので、『通信費がかかる』というデメリットが生じることもあります。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告