男性の脈なしLINEとは?

Adsense広告

男性の脈なしLINEとは?

自分からLINEを送らない

最も分かりやすい男性の脈なし反応は、『自分からLINEを送らない』ということです。いくらLINEが嫌いな男性であったとしても、脈あり女性に対しては、自分を忘れないでほしいのでLINEを送って意識して貰おうと頑張ります。ほとんど・全く男性からLINEがないようであれば、脈なしとして諦めた方が良いでしょう。

女性側から沢山LINEしているにも関わらず、男性からLINEを送らないと『この人はLINEがあまり好きではない男性かな』と判断するかもしれません。男性は、気がある女性に対して異常なほどマメになる傾向があります。

男性というのは、自分が気になる相手に対して積極的にLINEを送りますが、自分が気がない相手に対してLINEを送ってやり取りしようという気力が沸きません。相手から来たLINEに対しては、マメな男性であれば丁寧に返信しますが、マメでない男性であれば既読無視で放置されることもあります。

LINE返信がそっけない

LINEに対する返信がそっけないというのは、典型的な脈なしLINEになります。男性の多くは、興味が持てない人に対して返信が恐ろしいほど素っ気無いものになります。男性の中には、少数ながら「誰にでも返信がマメな男性」というものが存在しており、丁寧に返信を返してくることもあります。

基本的には、男性・女性ともに最初の脈なしが脈ありに変化していく可能性というのは極めて低いと考えるべきでしょう。男性の側から脈なしサインが出ている場合、基本的に「恋愛としては手を引く」というのが正しい選択になります。

LINEスタンプ・絵文字は無関係

LINEスタンプ・絵文字は、『脈ありになれば増える』という訳ではありません。LINEスタンプ・絵文字を日頃から好んで使う男性もいれば、LINEスタンプ・絵文字をほとんど使わないという男性もいます。

日頃からLINEスタンプ・絵文字をほとんど使わない男性であっても、脈ありの女性に対してLINEスタンプ・絵文字を意識して使うことは確かです。それでも、長いやり取りになると、全くLINEスタンプ・絵文字を使わない男性も多いです。毎日の沢山のやり取りともなると、LINEスタンプ・絵文字を使わないのも普通になります。

デートの誘いをさりげなく断る

デートの誘いをさりげなく断ったり、かわしたりするのは、ほとんど『脈なし確定のサイン』でもあります。2人デートとして会えそうにない場合には、そのまま友達関係を続けていくか、恋愛として諦めるかを考える場面でもあります。楽しいLINEをしていても、デートの約束をかわされるのは、典型的な脈なしサインになります。

気軽にデートに誘うような男性のタイプでは、デートの約束が取れたから「脈あり」と喜ぶのも危険です。女性の側が脈ありだと思ってデートしていたとしても、単なるキープになっている可能性があるからです。

男性にキープされる危険性

男性が脈なしを出しているにも関わらず、そのままの状態で男性を追い続けることになれば、男性にキープとして認定される可能性が高くなってしまいます。男性にキープ女性と認定されると、最悪の場合「都合が良い女性」として扱われてしまう可能性があります。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告