中国で結婚できない男性3400万人!日本以上に悲惨すぎる中国の結婚事情がヤバい

Adsense広告

中国は、ご存じのとおり人口抑制政策をとってきたので、1979年から2015年まで一人っ子政策が取られてきました。その結果、多くの家庭が1人っ子として働き手の男性を望むので、男性が過剰になります。その結果、男性が大量に余るという事です。まあ、男性の数が多いからではなくて、収入源などの面から男性が結婚しづらいという事も影響していると思います。
中国で結婚できない男性3400万人!日本以上に悲惨すぎる中国の結婚事情がヤバい

70後と言われる人達は、既に40代になっており、結婚が非常に難しい年齢になっています。80後の人達が30代になってきており、この層の結婚できない男性も増えています。2020年に男性1000万人が生涯独身者になると推定されていて、深刻な社会問題になっています。80後の人達は、男性136人に対して女性100人なので36人が結婚できないのだそうで大変です。

家族の血が途切れてしまう危機

1人っ子が結婚できないと何がヤバいかと言えば、家族の血が途切れてしまうという事です。一家で僅か1人しかいない子供が子供を生み出す事が出来なければ、一族の血が断絶してしまう事になります。さらに悪い事に、孫がいないという事になり、一家の活気がなくなって、養育する人もいないという状況になってしまいます。

日本でも生涯未婚率が問題になっていますが、日本の場合、子供が2,3人の場合もあるので、一族の血を残す事は可能になります。しかし、中国の場合には、1人っ子政策において一族の血を残せない可能性も出てきてしまいます。

農村部で結婚相手が余る

中国では、都市部・農村部の差別があるので、都市部で仕事する男性は何とか結婚できるとしても、農村部の男性が結婚できません。農村部の男性は、農村部の女性にも相手にされないので、余る可能性がかなり高くなります。自暴自棄になって犯罪に手を染める人たちもいるという事です。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告