彼氏候補と男友達の違いとは?女性が明確に区別している男性の違い

Adsense広告

女性と言うのは、恋愛対象になっている「彼氏候補」と「男友達」というものを明確に区別しています。
彼氏候補と男友達の違いとは?女性が明確に区別している男性の違い

彼氏候補は自分の好みである

彼氏候補というのは、女性が「自分の好みである」と感じることが多いです。最初から何かトキメキを感じたり、近くにいるとドキドキしてしまうのは、彼氏候補と言えるでしょう。

自分を良く見せようとする

自分が好意を持っている人に対しては、自分らしいオシャレをするなど、「女性として見せようとする」傾向が強く現れます。一方で、恋愛対象でもない「お友達」に対しては、すっぴんであったり、オシャレが手抜きになるなど、素の自分をだすようになる傾向があります。

女性が男性に興味があるかどうかは、2人で会う時のファッションを見るとすぐに知ることができます。

彼氏候補と男友達の違い

男性にとって女性の友達は「恋愛対象内」になることが多いのですが、女性から見て男友達というのは、男友達でしかありません。1年経っても、5年経っても、男友達は男友達のままであるという女性が多いです。男性を「恋愛対象」として見れるかどうかは、最初のうちにほとんど決まってしまうのです。

男友達としか見られない人は、女性から見た「男性としての魅力」を磨いていくように努力することが大切になります。

女性に男性として意識させる

男性として意識させるためには、スポーツなどに取り組む姿勢を見せることが非常に大切になります。また、カジュアルな会話を織り交ぜることによって、相手に男性としての意識を与えることもできるようになります。

男性でも区別する人はいる

男性であったとしても、彼女候補と、女性友達を明確に区別している人もいます。自分に自信があり、社交性が高いような人は、彼女と女性友達を明確に区別する傾向があります。特に社交性が高くて女性慣れしている男性の場合には、女性と2人でデートに行くことも、何とも思っていない娯楽と考えていることもあります。

男性側から見ても「女性として多少の興味はあるけど、彼女候補としては難しい」という場合には、デートなどを楽しむだけで進展しないような関係になっていきます。お互いに「恋愛対象外である」と感じていながら、ダラダラと連絡を取ったり、デートしたりすることもあります。

恋愛ゲームのような駆け引きをして遊ぶのが好きであったり、女性との連絡を暇つぶしと考えている男性もいます。女性側もそう考えていて「お互い様」という状況になっていれば、時間を経ると自然消滅していくのが普通です。そのうち、どちらか一方が本気になっていく場合もあります。連絡が途絶えても何とも思わないのは、恋心が芽生えていないからです。

 

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告