罪悪感

Adsense広告

恋愛で振った側がLINEブロックする心理とは?振った側に残る罪悪感

恋愛の最後の最後まで誠意ある対応をして、別れる相手にも「本当に良い人と付きあえた、ありがとう」と感謝されるぐらいにならないと、恋愛に対して相手に真剣に向き合ったとは言えないでしょう。

自分が浮気しておきながら、相手から別れてほしいと言われるのを待つなんて、相手の事を全く考えないとんでもない性格の人間です。相手の事を考慮せずに、自分だけ幸せになろうという考え方は、潜在的な罪悪感となって必ず後から自分に災いをもたらします。

恋愛で振った側の罪悪感が残る

恋愛で振った側というのは、「相手に悪い事をしてしまった」という罪悪感が残る場合が多いです。ほとんどの場合、振った側の方が罪悪感を持って長期間に渡って未練を残す事になります。特に付き合いが長くなっていた場合には、その罪悪感は非常に大きなものになります。振られた側は、その後に新しい恋愛を探して幸せになって結婚しても、振った側が結婚出来なかったりします。

Adsense広告

Adsense広告