結婚


Adsense広告

20代後半から30代で結婚できない女性が急増中!結婚する為にどうすればいいか

最初に出会いの数を増やす

結婚をするためには、出来る限り出会いの数を増やし続けることが重要になります。男性と会う回数を出来る限り増やすためにはどうすれば良いかを自分なりに考えて、外出と出会いを増やすようにしましょう。例えば、地域の趣味サークルに参加してみたり、ジムに通ってみたり、シェアハウスに入居してみたり、副業でアルバイトをやってみるなど、男性に出会う方法は沢山あります。

出会いの数を増やせば増やすほど、良い男性に出会う可能性は高まります。逆に誰とも出会わないような生活を続けていると、結婚適齢期なのに彼氏がずっといないような状況になってしまいます。

夫のことが好きじゃなくなった女性の悩み

結婚前に相手の良い面を見るのではなくて、相性が悪いところが少ない人と結婚した方が幸福な結婚になるかもしれません。コミュニケーションが取れず、会話することができない、コミュニケーションが取れない人と一緒にいるほど苦痛なことはありません。

本当に好きで結婚したわけではない

本当に好きで結婚した相手であれば、結婚後に嫌なところが見つかっても、昔の思い出などで耐えられるかもしれません。しかし、本当に好きでもないのに結婚してしまった相手だと、相手の嫌なところが見えると耐えられなくなってしまうのです。

女性の場合には、結婚年齢で焦っていたりすると、あまり好きかどうか分からない人と結婚して後から後悔することも良くあります。

恋愛していた時の楽しさがない

恋愛の賞味期限というのは、普通の恋愛で3年ぐらいと言われています。それ以降は、恋愛感情と言うものが薄れて、信頼しあえるパートナーとなっていきます。女性というのは、常にドキドキを楽しみたいと思っていて、

結婚生活に満足できない!結婚生活が疲れてつまらない理由

夫婦の会話が絶望的につまらない

夫婦の生活で最も深刻なことは、「2人の間に会話が無い」ということです。面白い会話ができないということは、2人で一緒にいてもつまらないということになってしまいます。お互いに何となくつまらないと感じてしまいますが、外では楽しそうな「仮面夫婦」を装っているというのは、良くあることです。

もともと夫が会話があまり得意でないタイプであったりすると、妻の話に全く関心を持たないようになり、妻が話をしても反応しないので妻の方も話しかけなくなるという事になって会話がなくなってしまいます。

妻がネガティブになっていく

夫婦で会話がないだけならば、そこから改善していく方法を模索していくこともできるでしょう。しかし、妻がつまらない結婚生活に不満を持って、ネガティブ発言を行うようになっていくと、夫婦の仲を保つことが難しくなっていきます。誰も否定ばかりを口にして、ネガティブで思いやりがない人と一緒にいたいと思わないからです。

結婚する前であれば、カップルの女性が否定的でネガティブになった場合には、カップルが自然に解消に向かっていくことになります。しかし、結婚しているとカップルを簡単に解消する訳にもいかず、各自が離れて暮らすことになっていきます。

異性として好きではない人と結婚

結婚適齢期になると、両親からのプレッシャーで、男性としては見れない人と結婚を決断する人もいますが、その多くが結婚後に問題が起こって離婚しています。

結婚するほど好きではない

結婚してから問題を抱えるカップルは、結婚する前の時点において既に大きな不安を抱えている場合が多く、付きあっている状態にも関わらず「相手をずっと好きでいる自信がない」と思っている事が多いです。特に女性の側が「好きではない」と思ってしまうと、結婚生活が成立する事が極めて難しくなってしまいます。

異性として好きでもない人とのスキンシップというのは、特に女性にとって苦痛以外の何物でもありません。英・チャールズ皇太子とダイアナ妃のように結婚して以降に問題が発生するのは、一般庶民だけのお話ではないようです。

理想と現実のギャップに苦しむ

理想の男性というのは、見た目で男らしさを感じる事ができて、社会的な地位があったり、お金・資産がある男性です。女性から見て「理想の男性」というのは、ほとんど存在していません。

実際には、お金が稼げるけど男性的な魅力に乏しかったり、真面目で安定しているけど一緒にいて楽しいと思えなかったり、一緒にいると楽しいけど将来的に不安だったりと、それぞれの男性が何らかの欠点を抱えて生活しています。

元カノが結婚した時の男性心理とは?

元カノの結婚を素直に喜ぶ

元カノが結婚することは、『素直に喜ぶ』という男性がほとんどでしょう。ご縁がなくてお別れしたけれど、心の中では幸せになってほしいと感じていて、結婚の報告は大変に嬉しいものです。

特に真面目に長い間、付き合っているような立派な男性と結婚してくれる場合には、「素晴らしい男性と一緒になれて本当に良かったね」という気持ちになります。

元カノが結婚して安心する

男性側がふった元カノについては、何らかの要因で男性が「結婚することはできない」と判断していることになります。過去の判断に誤りがないと考えているのであれば、元カノが結婚した事で、自分以外の誰かがその女性を幸せにしてくれるようの貰ってくれたという安心感を得ることができます。男性がフッタという罪悪感は、彼女の結婚&幸福によって安心感に変わります。

自分ではその女性を幸せにできないという後ろめたさを感じていた男性にとっては、元カノが結婚することによって、『これで自分が幸せにする必要性がなくなる』という安心感を得る事ができるので、心の底で自分に対するプレッシャーがなくなって、安心感を得ることができるようになります。

別れた元カレにプロポーズされる事はある?

 

結婚するなら元カレがいい

20代に元カレと何年も付き合って、疎遠になっていたけど、『30代になって復縁』した場合には、結婚を前提にする場合が多いです。そもそも、30代になって復縁という事は、男性・女性共に結婚を前提にしていないと出来ないからです。遠距離になって別れるなど、嫌いになっていない状態で別れた2人には、まだまだ未練があったという場合には、復縁するという事は十分に考えられるでしょう。

元カレと結婚するメリットは、『婚活と比べて安心感が全く違う』という所にあります。30代になって「出会いがない」と焦る女性に元カレが連絡すると、お互いの利害関係が一致してすぐに結婚という事は、良くあることです。

元カレと結婚するなら早い

最初からお互いの事を良く知っている訳なので、結婚に向けて長い付き合いをしなくても『時間を節約してショートカットで結婚』することが出来る訳で非常に効率が良い訳です。相手の事は既にある程度は分かっているので、1ヵ月ぐらいで結婚しても問題なく夫婦になる事ができて長続きます。

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告