回避依存症の異性と付き合わない方が良い理由とは?

Adsense広告

回避依存症の異性と付き合わない方が良い理由とは?

搾取者されることが多い

回避依存症は、自分の都合に合わせて動くことが多いですが、それは言い換えると「人に時間を合わせてもらう」という事でもあります。ほとんど1人で行動することが多くなってしまいますが、1人で動かない時には、周囲で『世話好きの頼れる人』を探して愛情を注いで貰おうとする傾向があります。

回避依存症の恋愛では、『相手は自分の引き立て役』と考えているのです。自分が主役と考えているので、相手の状況を考えることなく、相手から搾取しても平気な顔でいることができます。2人でデートする時に相手が全ての予定を計画したり、デート代金も出すのが当然と考えたりします。

理想を押し付けられる

回避依存症の人には、パートナーに対する理想像があって、自分がコントロールしながら理想像を押し付けてこようとします。その結果、パートナーが常に回避依存症の好みに合わせることになってしまって、振り回されて自分を見失うことになってしまいかねません。

自分の話ばかりされる

回避依存症の人は、相手に気を許していくと自己開示を行うようになります。しかし、問題点として「自分の話ばかりする」という事があります。気を許した相手に自分の話ばかりして、自分の世界に相手を引き込もうとします。しかし、回避依存症の人によほど関心がない限り、相手の話ばかりを聞いて面白いはずがありません。

回避依存症の人というのは、距離の詰め方が良く分かっていない可能性があり、自分を相手に開示することが親密になる方法であると考えていることもあります。

回避依存症を肯定するしかない

回避依存症の人とうまく付き合っていくには、彼・彼女の言動・行動を否定せずに付き合っていかなくてはいけません。それは、普通の人にとって『とても付き合いきれない』と思うレベルのものでもあります。彼・彼女が特別にイケメン、美女であれば、そのことで自分の人生を預けようと思う人もいるかもしれませんが、ほとんどの場合に振り回されて疲れ果てて別れることになります。

相手をそのまま好きになれるだけ最高に魅力的であれば、回避依存症を肯定して愛し続けることが良い選択でしょう。しかし、実際に回避依存症の人が人格的にも優れ、努力家であることは極めて稀であると言えるでしょう。自分に実力が備わっていない事実に劣等感を感じて回避依存症を起こしてしまうことが多いからです。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告