1回のデートで十分!単純接触効果を利用してすぐに仲良くなる方法

Adsense広告

1回のデートで十分!単純接触効果を利用してすぐに仲良くなる方法

デートする過程を楽しむ

あまり仲良くない男女がデートする前は、基本的にシンプルな日程・時間・場所の打ち合わのみにして、当日に内容の充実したデートをする方が成功率が高くなります。デートする前の仲良くない段階で、打ち合わせと称したLINEを大量にやり取りするのは、お互いに疲れを招いてしまいます。

あまり仲良くないうちは、用件のLINEメールだけをやり取りするようにして、仲良くなってきたら雑談を含めてデートの打ち合わせもしていけるようになっていくのが良いでしょう。最初から距離を近くしすぎると、お互いに気を使うので疲れを招いてしまうことになりかねません。

親密度によるLINE内容の変化

仲良くないうち・・・用件のみ
少し仲が良い・・・・相手に関係すること
かなり仲が良い・・・雑談OK
脈あり・・・・・・・自分の報告してOK

仲良くないうちは、用件のみに絞って連絡するのが良いことで、少し仲良しだと思ったら「相手に関連する雑談」を送っていきます。自分本位で、自分の興味ある話題を送るのは、相手が自分に興味を持っている「脈あり」の場合にのみ喜ばれます。

相手が自分に興味を持っていないにも関わらず、自分の事をペラペラと語るというのは、相手にとって単なる迷惑行為になります。

具体的な用件の例

・分からないことを質問する
・相手が知りたい情報を提供する
・何か教えて欲しいとお願いごと

・何かして貰ったお礼
・デートの時間・場所などの設定

最も避けたいのは、相手が全く聞いてないにも関わらず、自分に関係する内容を勝手にLINEで送りつけるというものです。LINEメールでは、既に仲が良い人がSNSのように情報交換するには便利なツールですけど、大した仲良くない人が情報をやり取りしても、その仲は深まっていくことがありません。

もともと以前からかなり仲が良い人であれば、数ヶ月ぶりにLINEをやり取りしたとしても、自然にやり取りができるでしょう。LINEのやり取りというのは、もともと人間関係が出来上がっていたところで、連絡を取り合うことに有効に機能します。

コミュニケーションをきちんと行う

恋愛マニュアルなどに『毎日のようにLINEをやり取りするより、1回会った方がいい』と書かれていますが、デートで会ったから関係が発展するとは限りません。重要なことは、相手と意思疎通が取れたコミュニケーションをきちんと行うことであり、それがなければデートをしても楽しめないからです。

相手がどのような状況にあって、どんなコミュニケーションを求めているかは、女性が置かれている状況によって異なります。女性ときちんとコミュニケーションを行うことで、女性が求めるデートプランに近づける事ができるようになります。あくまで、女性が中心で考える必要があります。男性側が好きなことを女性に押し付けるのではなくて、女性が好きなことを拡張する方が喜ばれる可能性が高くなるのです。

効果的な好意の伝え方

好意を伝える方法は、相手にガンガンLINEを贈ることではありません。日頃の言動で、相手に親しみを込めて名前を呼ぶようにしたり、相手の話を真剣に聞くようにしたり、相手の頑張っていることを具体的に褒めることは、好意を伝える有効な方法になります。

最初から大げさな好意を示されると、相手が『そんな好意には応じられない』とドン引きしてしまう可能性があります。好意を少しずつ示すことで、相手からも好意を返して貰いながら、お互いが仲良くなって好感度を高めていくことが大切になります。

多くの場合には、自分が好意を持たれている人に対しては、好意で返そうという『反復性の原理』が働いて、自分が好意を寄せる人が多ければ多いほど、自分にも好意を持ってくれる人が多くなるということになります。相手を大切に思うのであれば、時間をかけたコミュニケーションを心がけることが大切です。

女性に対しては、男性から『大袈裟すぎない小さな好意を伝え続ける』というのは、非常に有効です。早急に好意を伝えすぎると、相手に対する「好きバレ」になって相手から拒否される可能性があるので、少しずつ好意を伝える工夫をするのが良いでしょう。

女性の態度は少しずつ変化する

女性が最初から男性に対して脈ありサインを出すことは、相手に一目惚れをする時だけで、非常に稀なことです。女性からの好感度が少しずつ上がってくると、女性からの態度にも変化が見られるようになってきます。

女性心理というのは、非常に複雑で気移りしやすいので、女性に対して臨機応援に対応できる男性にならなければいけません。女性が連絡が欲しいと思っている時に連絡してあげたり、落ち込んでいる時に励ましたり、

Adsense広告

Adsense広告