婚活している男性が知っておきたい単純接触効果とは?人は接触回数が多い人ほど好きになる

Adsense広告

心理学の研究においては、接触回数が多い人の方が好感度が持ちやすくなって、好きになりやすくなるという「単純接触の原理」(ザイオンス効果)が良く知られています。

時間より回数が重要である

1回に会っている時間が長いより、会っている回数が多いほうが好印象を残すことができます。多くの人に好感を持たれるためには、会う回数を増やしていくことが大切になります。つまり、人が集まる場所に出て行き、多くの異性に接触する人は、それだけでモテる男性になる可能性が極めて高くなると言えるでしょう。

職場などで多くの異性に対して挨拶を行うような関係になることは、難しいことではありません。しかし、多くの異性を知れば知るほど、職場で話しかけないといけないプレッシャーになるなど、メンドクサイことも増えてきます。知り合う人数が増えれば増えるほど、コミュニケーション能力が高くないといけないことになります。

SNSで単純接触の回数を増やす

その意味では、SNSを活用して接触回数を意図的に増やすということも、潜在意識の中で会っているように感じるので意味がある行動になります。ただし、SNSで全く面白くない日常の愚痴、男性が自撮りの写真などを発信していると、「つまらない人」と思われてしまって、女性から相手にされなくなってしまいます。単純接触効果をプラスにするような投稿内容の工夫が必要になります。

面白い人というのは、SNSで発信する内容もやっぱり面白いですし、つまらない人というのはSNSの発信にもセンスが感じられません。単純接触する時には、出来るだけポジティブ内容を心がけて、楽しい!面白い!などという前向きな発言を増やすようにしましょう。

単純接触からの発展

女性に接触する初期のうちは、女性に好かれることを考えるよりも、とにかく女性に嫌われないことを意識することが大切です。女性と単純接触を繰り返したとしても、会話が全くつまらなかったり、女性がイライラする発言していると嫌われる原因となります。最もいけないのは、セクハラ発言をすることです。女性がその場でニコニコしていたとしても、そうした発言を好まない女性の方が圧倒的に多いのです。

女性を口説く時に時間をかける

多くのモテない男性と言うのは、女性を口説く時に時間をかけようとしません。気になる女性がいると、関係性をすぐに進展させようとしてしまいます。モテる男性というのは、女性の態度を見ながら恋愛関係を進めるかどうかを決断していきます。

女性が求めるのは、「王子様のような男性」であり、常に紳士的で格好の良い振る舞いができるかどうかを女性がチェックする時間を必要としているのです。女性の欲求として、男性よりも「ドラマのような恋愛」を求めています。特に日頃から美容・ファッションなどに対して努力を重ねている女性は、そうした欲求が強いものと考えられます。

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告