ブロック


Adsense広告

元カノにLINEをブロックされた時の対処方法

女性が大演技して別れる

演技派女性は、別れ際に男性に振らせるように仕向けます。具体的には、別れ際に『別れたくないよ』と言って泣いて見せる事で未練を見せてみたり、ジワジワと距離を保つことによって、男性が『別れよう』と言い始めるのを待っているのです。男性から『別れよう』と言われると、自分から悪者になるのを避ける事ができます。

計算高い女性は、『男性を無理やりにでも悪者にして別れよう』と画策しようとします。このような女性は、誠意がないやり手の女性の場合が多くて、プライドが高くて自分勝手です。自分の浮気を相手のせいに押し付けて、LINEまでブロックしている可能性があります。

女性は、時として名女優並みの演技を見せて、自分が悪いにもかかわらず自分を悲劇のヒロインと信じ込んで、相手のせいにして別れようとします。

拒否・ブロックは気になる証拠

全く気にならない人であれば、拒否・ブロックなんて面倒な事をする必要はありません。何か送られてきても、適当にあしらったり、スルーしておけばいいのです。拒否・ブロックするという事は、相手の事を考えてしまって辛くなったり、感情が揺さぶられる事があるという事を意味しています。

LINEでブロックする人の心理とは?LINEブロックするよりされる方がいい理由

いかに恋愛関係がこじれたという理由があったとしても、知っている人をを安易にブロックしない方がいいです。ブロックというのは、本当にストーカー行為を受けたりした際の最終手段でしかありません。

本当にストーカーをする男性というのはごく僅かであり、多少のLINE連続送信でブロックするのは、心が狭すぎます。LINEの連続送信など相手のせいにしておきながら、本当は自分の心に問題がある場合が多いのです。

LINEをブロックする背景

LINEをブロックする背景には、実は「自分の後ろめたさを隠したい」という心理がある可能性があります。相手が悪いと相手のせいにして、相手をブロックすることで、自分の心の弱さを隠そうとしているのです。

自分が相手にきちんと向き合う事ができれば、きちんと冷静に話し合いで解決する事ができるはずです。ブロックという手段を使うという事は、自分の事しか考えておらず、相手を全く尊重しないという自己中心から来るものです。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告