多くの女性が普通のデートに飽きている事実!

無料で公開できない部分を有料記事をNOTEだけの特別販売しています、是非ご活用ください。
 

Adsense広告

世の中の女性は、男性に「楽しいところに連れていって楽しませて欲しい」と思っています。デートのプランもそれなりに考えてくれたり、どの女性も「素敵なところで夜景を見ながら食事でも楽しみたい」と思っています。男性は、その期待に答えて女性を楽しませてあげることができるように工夫する必要があります。
多くの女性が普通のデートに飽きている事実!

デートプランを上手に組み立てるというのは、「かなり女性に慣れた男性でも難しいこと」です。あまり2人の関係が進展していない最初のうちは、長時間のデートを避けて、食事、カフェぐらいにしておくのが良いでしょう。

自分が楽しめるようにすることが大事

2人でデートに行くということは、お互いにプランを相談して考えて決めることが大切になります。自分の趣味をただ押し付けるのではなくて、自分の提案を含めながら、相手が楽しめそうなプラン作りをしてあげることが大切になります。

男性がデートプランを組むときには、「女性が楽しめそうなスポット」を意識すると良いでしょう。カラオケが嫌いな人にカラオケに連れて行っても面白くないので、女性が確実に楽しめる場所をきちんと相談して決めるのが良いでしょう。

リラックスして会話が続く

きちんと会話ができる男性だと、女性の方も「この人と一緒にいて楽しい」と思えてくるでしょう。お互いがリラックスして会話して、会話がきちんと続けられるだけでも、女性は「今日は沢山話ができたし、とりあえず来て良かった」と思えることでしょう。

会話をきちんと続けられるというのは、男性の頭が良いということの証明でもあります。女性にも分かりやすく、優しく、分かりやすい言葉できちんと会話を成立させることが最も大切なことです。「この人と話すと何故か会話が続く」というのは、その人が頭の回転が速い人だからです。

会話に自信があればカフェでOK

男性が自分の会話力に自信があり、女性を今まで盛り上げてきたという経験地があるならば、レストラン&カフェだけで十分に女性を楽しませることができます。ほとんどの男性というのは、会話力が微妙なので、女性をすぐに飽きさせてしまいます。

カフェで長時間の会話ができるのは、かなりの会話力を持った男性のみということになります。もし、男性の会話力が微妙であり、女性が会話をリードするようになると、女性の側が疲れ果ててしまいます。

最も重要になる会話の内容

男女のデートで最も重要になるのは、会話の内容です。相手を女性として楽しませるような会話ができれば、相手の女性は「楽しい」と感じてくれるでしょうし、そうでなければ楽しむことができません。男性が会話に慣れていない場合には、長時間のデートをしていると、女性をとにかく疲れさせることになってしまいます。

仕事の話はつまらない話題

男性にとって興味がある仕事の話題というのは、女性にとって全く興味のない話題であることが少なくありません。男性が仕事の話をはりきって話し始めると、女性は「デートなのに疲れる」と思ってしまうことが多いです。デートの時には、仕事の話は一切せず、なるべく旅行・将来の話などプライベートの話をするようにしましょう。

仕事を一生懸命にやっている話題は、男性同士で話す話題にしておきましょう。女性と会話する時には、仕事の話ではなくて、女性が興味がありそうなプライベートの話題を話するのが良いでしょう。

エスコートできない男性たち

結婚相談所で出会う男性などの多くは、女性をまともにエスコートしたことがありません。結婚相談所で会う人などは、リアルで女性をエスコートしたことがない人が多いので、「つまらないデート」になることが多いです。

自分の遊びに対する企画力、会話力に自信が持てない場合には、友達と一緒に出かける提案をするのが良いでしょう。女性を楽しませるためには、女性の側に立った思考が大切であり、男性が自分本位で企画を立ててしまうと、女性から見ると「つまらない企画」になってしまうことが多いです。

多くの男性の会話がつまらない

8割ぐらいの男性がする会話というのは、女性にとって面白い会話ではありません。女性をデートに連れ出す時には、「相手が面白いと思う会話」を展開しなくてはいけません。それなりに女性に慣れている男性でないと、面白い会話をすることはできないでしょう。

女性と話す内容がないので仕事の話ばかりをしたり、会話がなくて無言になるような男性は、「女性が相手にしたくない」と思う男性です。男性を楽しませることを商売にしているキャバ嬢であれば相手にしてくれるかもしれませんが、一般の女性はデートで「男性に楽しませて欲しい」と思っています。

ほとんど女性に任せきりである

男性がまともにエスコートしてくれず、デートプランを「女性に任せきり」にしてしまう場合に注意が必要です。女性の多くは、デートで「男性がどこかに連れて行ってくれる」ことを期待しています。その期待に添えないと、男性はガッカリしてしまう傾向があります。

女性から見ると、女性に何でも任せてくる男性は「責任を取れない面白くない男性」に見えてしまいます。男性が「普段はいけない場所」に女性を連れて行くのがデートだと思った方が良いでしょう。

もう何度も来ている動物園

外出が好きな女性は、何度も同じ動物園に来ている可能性があります。男性が定番デート先として提案する動物園ですが、実際に動物を見て回ると、飽きたり、歩き疲れたりすることも多いです。また、思った以上に早く動物園を見終えて、「じゃあ、次に何をしようか」ということにもなりかねません。

デートの定番とされる水族館も、意外に早く見終わってしまったり、歩くのが疲れてしまったりすることもあります。最近の女性は、女性同士でも様々な場所にお出かけしているので、男性に対しての要求も高くなりがちなのです。普通のデートスポットに行くだけでは、女性を楽しませることが難しくなってきています。

田舎のデートはつまらない

田舎でデートする時には、「デートスポットがないので困る」ことになります。田舎では、そもそもデートスポットと言う場所が限られているので、何度も行ったことがあるような場所に行くよなことになったりします。レストランも無数にあるレストランから選ぶのではなくて、「定番レストラン」から選ぶことになります。

つまらない定番デートスポット

定番のデートスポットというのは、女性の多くが「既に行ったことがある場所」ということになります。女性が何度もきたことがある場所に連れていかれたとしても、何の新鮮味も驚きも感じないことでしょう。今の時代、アクティブに動き回っている女性は、女性だけで動物園、水族館も行っているものです。

女性のデートスポットに対する目も肥えてきたいるので、普通のデートスポットに行っても満足できないのです。

事前にデートの内容を伝えておく

前もってきちんとデートの内容を伝えておくことは、相手の女性に対するマナーであると言えるでしょう。相手の女性が服装を決めてくる上でも、デートの内容は重要になります。例えば、女性がハイヒールで歩き続けたら疲れてしまいます。

事前にデートの内容を伝えておけば、女性は「安心してデートに挑む」ということもできます。

女性の側に問題がある場合もある

男性がお笑い芸人なみに会話能力が優れていたとしても、女性の理解能力が著しく低かったり、会話能力が低い、興味の範囲が狭すぎる場合など、女性の側の原因でデートがつまらなくなってしまうこともあります。女性が会話の能力が低い場合、カフェより遊園地などを選んだ方が良い場合もあります。

好奇心が旺盛であったり、知識を吸収する意欲が豊富な女性というのは、「誰といても楽しめる」傾向があります。逆に自分の好奇心の範囲でしか動けない人というのは、男性が何を見せても「つまらない」と感じてしまうものです。自分が楽しめる範囲が限定されている女性は、どの男性が相手しても楽しませることはできません。

理想が高すぎる女性たち

女性たちの中には、男性に慣れていない女性は、ドラマで見たようなエスコートを期待している女性もいます。女性が上から目線で、相談も何も応じてくれないにも関わらず、男性にばかり要求が高い場合には、男性の側もやる気をなくしてしまう傾向があります。男性は旅行会社のツアーガイドではありません。

男性は、自分が気がある女性であったり、美人の女性に対してやる気を出す傾向があります。逆に、自分がそれほど気がない女性であったり、美人でもない女性に対してやる気を出さない傾向があります。女性が男性のやる気を高めてあげなくてはいけません。女性から人気のある男性というのは、メンドクサイ女性に近づこうとしないのです。

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

無料で公開できない部分を有料記事をNOTEだけの特別販売しています、是非ご活用ください。